月別アーカイブ: 2015年9月

間違った洗顔

洗いすぎない

洗いすぎない

スキンケアで忘れてはいけないことは間違った洗顔で肌を痛めないことです。
洗顔で誤ったやり方とはお肌のトラブルの原因となり保水力を保てなくなります要因になる所以ですね。
力任せにせず優しく洗う丁寧に漱ぐ、といったことに、注意して洗う顔を洗いましょう。
冬になると寒くなって血液が上手に行きわたらなくなります。
血行が良くないと肌の細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝に支障をきたしてしまいます。
その結果、肌をいためたり、肌荒れを引き起こしてしまうため、血行促進を心がけることが大事です。
血行が良くなれば、新陳代謝が活性化され、健康的で、美しい肌を造れるようになるでしょう。
ご存知の通り、ヒアルロン酸(保水力に優れている成分なので、美肌効果を期待して化粧品などに配合されていることが多いです)は人の、体にもふくまれるタンパク質との結合性が高い「多糖類」と言われるゲル状のものです。
大変水分を保持する能力が高いため、化粧品や栄養補助食品といえば、ほとんど当然といってよいほどヒアルロン酸(保水力に優れている成分なので、美肌効果を期待して化粧品などに配合されていることが多いです)がふくまれています。
加齢に伴って減少する成分なので、自発的に補うようにしてください。
保水できなくなってしまうと肌トラブルを起こし易くなってしまうので、警戒してちょうだい。
では、保水力を上むきに指せるには、どのような美肌の秘訣をすれば良いのでしょうか?保水する力を高めるのに良い肌ケアは、血の巡りを良くする、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、正しい洗顔法を学ぶという3点です。
肌のカサカサに対処する場合には、セラミドをご飯に取り入れてちょうだい。
セラミドとは角質層の細胞に挟まれて水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。
角質は角質細胞が複数層重なっていて、このセラミドが細胞同士を糊のように結合指せています。
表皮の健康を保持する防護壁のようなはたらきもあるため、十分な量が存在しないと肌荒れが発生するのです。